マーベロンに副作用はある?

低用量ピルというのは、おもに避妊を目的として開発された医薬品です。
女性ホルモンと同じはたらきをもつ化学物質を有効成分として含んでいるため、排卵や子宮内での着床を抑制するという効能をもつものをいいます。

その代表例がマーベロンという名称で販売されているピルです。
毎日きまった時間に1錠ずつ飲むことによって、ほぼ確実に避妊効果を上げることが可能であるほか、不快な月経前症候群(PMS)、月経困難症などを改善する目的でも投与されることが多いです。

こうした低用量ピルは、従来から流通していたピルにくらべると、有効成分としてのホルモンの分量が少なくなっているため、あまり深刻な副作用がなく、より安全に服用することができるといった特徴があります。
マーベロンは処方箋薬のため、国内では通販などは一般に行われていませんが、海外からの個人輸入として、少量だけを通販感覚で購入するというケースもあるようです。
ただし、ホルモンに対して体がどの程度敏感であるのかというのは、かなりの個人差がありますので、マーベロンのような製品であっても副作用が起こる場合は当然にあり得ます。

マーベロンの副作用としてよくありがちなのは、悪心、嘔吐、頭痛、胸の張りや痛み、月経過多などです。
こうした症状は服用をはじめてから数日、長い場合でも2週間もあれば、しぜんと解消に向かうのが普通です。

そのほかの副作用としては、血管のなかに生じた血のかたまりが血管をふさいでしまい、血液が流れなくなってしまう血栓症のおそれが指摘されています。
海外通販で購入する場合には、そのリスクを念頭におく必要があります。
血栓症にかかると、息が苦しくなる、頭や胸が激しく痛む、体の力が抜けたり麻痺したりするといった突発的な症状が出ることから、このような場合には、ただちに医療機関を受診して、適切な処置をしてもらうことが必要です。