ピルの月経痛緩和のメカニズムを紹介

月経痛の原因は、月経期間中に子宮内膜から分泌されるホルモンの一種であるプロスタグランジンです。
月経は、受精卵が着床しなかった子宮内膜が剥がれて体外に排出される現象ですが、プロスタグランジンには子宮を収縮させて子宮内膜が剥がれるときの経血をスムーズに体外に出す働きがあります。
プロスタグランジンが子宮を収縮させる作用は強く、陣痛促進剤として使われているほどですので、過剰に分泌されると陣痛のような痛みが生じます。

また、プロスタグランジンには、痛みを強めたり血管を収縮させる作用もあるため、頭痛や腰痛、胃腸痛、吐き気などの原因にもなります。
ピルには、エストロゲンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれており、服用すると血中のホルモン量が増えて妊娠していると脳が認識します。
そのため排卵が起こらず避妊効果があるのですが、同時に子宮内膜の増殖も抑えます。その結果、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンの量も減って、月経痛が軽減するという仕組みです。

また、出血の量も減るのが普通で、まれにゼロになることもあります。
ピルは婦人科を受診して処方してもらいますが、月経痛治療で使う場合には保険適用になることもあります。

全ての婦人科で処方しているわけではありませんので、事前に処方してもらえるかを確認してから受診するようにしましょう。
ピルは、月経の1日目から飲み始め、1日1錠を規則正しく服用します。1シートに21錠入っているタイプと28錠入っているタイプがありますが、28錠タイプの最後の数錠は偽薬になります。
21日間飲み続けて7日間薬を休むというパターンで、休んでいる間に月経のような出血(消退出血)があります。