ピルにはPMSを改善できるメリットもある

ピルというと経口避妊薬であり、他の避妊方法と比べても避妊の効果が大きな薬だと言うように認識されています。
確かにその認識は正しいのですが、実はピルにある効果はそうした避妊の効果だけではありません。
主な効用である避妊効果と同時に、ピルにはいくつかの副効用があるのです。

ではどういった副効用があるのかと言うと、PMS(月経前症候群)の改善が挙げられます。
月経は妊娠が可能な女性のほとんどが決まったペースで発生するものであり、月経を控えた頃には様々な症状が現れることになります。

例えばイライラを感じやすくなったり、腹痛などを感じたりといったようなことは珍しいことではありません。
しかしピルを服用すると月経をより緩やかなものにしてくれますから、こうしたPMSの緩和を期待することが出来るのです。
またこの月経と言うところで言えば、月経不順の改善にも副効用があります。

ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという二つの女性ホルモンが含まれていますが、これらのホルモンは月経のリズムを管理するうえで非常に重要な存在です。
これらのホルモンを経口摂取してやれば、脳は十分なホルモンの量が体内にあると判断しますから、これによって急いで月経の状態に持っていったり、月経状態になるのが遅れたりといった月経不順を改善することが出来るのです。

こうした副効用については、あまり知られてはいないもののピルの大きなメリットであると言えるでしょう。
逆にこうした副効用によるメリットが大きくなる人、例えばPMSが辛い人や月経不順に悩まされているという人の場合は、これらのメリットを目当てとしてピルを服用するというのも選択肢になるのです。