アフターピル・低用量ピルの服用の仕方

モーニングアフターピルは緊急避妊薬のことで、避妊に失敗するなどした場合に、緊急避妊法を行う際に用いられる薬です。
モーニングアフターピルを服用することで、多量の女性ホルモン剤を摂取し、体を妊娠しにくい状態にすることができます。
日本で多く使われているモーニングアフターピルには2種類あります。
一般的に避妊に用いられるのは低用量ピルですが、アフターピルでは中用量ピルを用いたり、低用量ピルを一度に数倍摂取するといった方法がとられます。

一つがヤッペ法と呼ばれている、中用量ピルを使用した方法です。
性交後72時間以内に中用量ピルを服用し、12時間後さらに服用します。

もう一つは低用量ピルを用いた方法です。こちらも72時間以内に服用します。
モーニングアフターピルは、タイミング良く、より早く服用することで、避妊回避率を高めることができます。
低用量ピルを用いた方法のが中用量ピルに比べ、副作用が起きにくいと言われています。
モーニングアフターピルの主な副作用としては、頭痛や吐き気、下痢などが挙げられます。

重症化すると肝機能障害や血栓症を引き起こす場合もあります。
妊娠してないかどうかは、生理によって確認することができます。
早い人だと数日後には生理があります。通常は3週間以内に生理があります。
3週間経っても生理がない場合は、妊娠検査薬などで確認する必要があります。

また、服用後すぐの出血は不正出血の場合が多いため、注意が必要です。
モーニングアフターピルは保険適用外の薬であるため、病院によって値段が異なります。
おおよそモーニングアフターピル値段の平均価格としては、1万円前後が相場となっています。高いところだと2万円を超える場合もあります。