緊急避妊薬(アフターピル)での避妊とは

避妊の方法はいくつかあります。
たとえば酔った勢いで避妊を怠ってしまったり、コンドームが破けていたりしたといった性行為後に緊急措置として行う避妊方法もあります。
これは、モーニングアフターピル(アフターピル)と呼ばれています。

モーニングアフターピルは、性行為後72時間以内に大量の混合女性ホルモン製剤を服用することによって、着床を防ぐことが出来るようになるので、避妊することに役立ちます。
アフターピルを服用すると、頭痛や吐き気が一時的に生じたり、不正出血などのトラブルも起こりうるので、あくまでも緊急措置の方法として知っておくと良いでしょう。

しかしこのような緊急避妊を行わなければならない事態の時には、婦人科、あるいは専門外来などで診てもらえます。
緊急避妊の処方は、専門医が問診を行った上で行います。具体的には、最終月経日、月経周期、緊急避妊薬を服薬したことがあるかどうかを問診で聞かれます。
中には、ピル外来専門で行っている医療機関もありますので、避妊を緊急で行いたいというニーズに対応してくれます。

受診者は「ピルを服用することへの強い不安」や「人には決して言えない悩み」があるものですが、決して一人で悩まずこのような専門外来へ相談すれば、少しでもその不安を解消して行くことにつながります。
心配があるだけで処方を希望する方も居ますが、念のため処方をしてくれるようになっている場合も多いので、心配ごとや希望を良く伝えるようにしましょう。
また、出来る限り安く早く処方しいてほしいという方にも対応してくれる場合もあるので、まずは悩んでいるより直ちにこういった専門外来への受診が望ましいといえます。

避妊薬の事前処方ってどうなの?

避妊薬の事前処方に対しては、賛否両論あります。
そもそも避妊という行為が、胎児の生命を奪ってしまうことを意味するからです。よくこれは人間のモラルの問題として扱われます。
しかし、日本のメジャーな避妊方法は男性器にコンドームというゴムを取り付けるだけです。これでは、いつ避妊失敗が起きてもおかしくない状況です。

意図しない妊娠は産む側にとっても、生まれる側にとっても不幸です。それ以前に、止むを得ず中絶してしまう人もいます。
母体に生命を宿してから避妊薬の必要性を強く感じても、それでは遅すぎます。
ただ、避妊薬の事前処方の問題は非常にデリケートなことなので、声を大にして求めるのも憚られているのが実情です。

日本は特に緊急避妊薬(アフターピル)の導入に消却的だという事情があります。
諸外国では薬局で購入することが出来るOTC薬品として緊急避妊薬を処方しているのが当たり前のようになっていますが、日本の産婦人科医はこれには対極の意見にあります。
医薬品メーカーは緊急避妊薬の使用価格を1万円ほどで提供することを希望したものの、実際に利用者の手元に届くためにはさらなるコストがかかってしまいます。
そうなると、お金のない人には買えない、避妊できない、という避妊の格差まで生まれてしまいます。

そもそも緊急で避妊が必要となる理由は、性行為から服用までの時間が24時間遅れるごとに避妊の失敗率が上がってしまうからです。
つまり、時間が遅くなるたびに望まない妊娠が起きてしまう可能性が高くなってしまうということです。
もしその日に病院が閉まっていたら処方してもらえません。また、もらえるにしても薬代と診療代だけで2万円以上のコストがかかるとも言われています。
この価格が高いと見るか低いと見るかは意見が分かれるかもしれませんが、他の先進国の3000円程度のコストと比べてみるとはるかに高いことが分かります。

モーニングアフターピルは通販で購入可能

モーニングアフターピルは、通常は日本では婦人科などの医療機関で処方してもらうものなのですが、通販でも入手は可能な時代になっています。
値段は、モーニングアフターピルの種類によって違いが出ますが、1粒を服用する場合なら1400円程度から買い求めることが出来ます。

通販では、複数買い求めることで割引が適用されます。
商品によっても1粒あたりの値段に差が生じているので、より安全性が高くなっているものや効果の上がっているものを選ぶのが賢明だといえます。
しかし、モーニングアフターピルは、倫理上やむを得ない場合になった時に用いられるものですので、まとめ買いをすることは一般の個人では必要なことは稀だと言えるでしょう。

緊急避妊薬として使われるモーニングアフターピルは、性行為の際に避妊具を使用しなかった場合、コンドームが破れるなどの理由で避妊に失敗してしまった場合に計画外の妊娠を防ぐために使うものだからです。
妊娠検査薬もセットになっていれば、妊娠すると尿中に移行するホルモンの有無で確認が出来るものですので、わずか5分で判明します。
検査薬も適切な時期に正しい検査方法で行えば、その判定の正確性もかなり高くなっています

最寄りに婦人科がないとか緊急で避妊をするかのうせいがあるという事態のために、通販で入手できるのでいざという事態になった時にでも、安心感が得られるでしょう。
一方では、自己責任となるため副作用などのリスクも把握しておく必要があることも知っておきましょう。

もしモーニングアフターピルの副作用に不安を感じる方は、通販でのアイピルの購入をオススメします。
通販でアイピルを購入するメリットの一つは、予めアイピルを準備しておける点です。
避妊に失敗してしまってからモーニングアフターピルを購入するのは、服用が遅れてしまう可能性があります。
モーニングアフターピルは服用するタイミングが早い程避妊効果が増します。
なので、予め準備しておくことは重要になります。
また、通販サイトではアイピルの効果や副作用に関しても解説を行っている場合もあるので、事前に副作用の内容を知ることもできます。
事前にモーニングアフターピルについて詳しく知っておくことで、安心して利用することができます。

新着記事一覧